ka7a-mama diary

転勤族・二児ママ・専業主婦・元小学校教諭のいろいろ 〜人生は楽しむためにある〜

専業主婦のメリットとデメリット。専業主婦の悩みとは?専業主婦って幸せなの?

最近少なくなってきている専業主婦

しかし、今は働いていても、

将来子供を産んだら専業主婦になりたい。」と思っている女性は多いと思います。

そして、私の周りの女友達も、結婚、出産をしたら、

専業主婦になるか、兼業主婦になるか悩んでいる人が多いです。

今回は、専業主婦のメリットとデメリット、

そして、実際に専業主婦をしてきた私が

専業主婦って本当に幸せなのかについて考えていきます。

 

専業主婦のメリット

家事・育児に専念できる

専業主婦の特権といえば、

余裕を持って家事に専念することができること。

そして、可愛い我が子の成長を何一つ見逃すことなく見られることだと思います。

美味しいご飯、掃除が行き届いた綺麗な部屋、子供と一緒に手作りおやつ。

そんなことが毎日できるのは専業主婦だからこそ。

子どもに手がかかる時はなかなか全ては難しいかもしれませんが、

兼業主婦、ワーキングマザーと比べれば、

明らかに家事・育児にかけられる時間は多いです。

子育てにおいては、子どもが可愛い時期なんてあっという間に過ぎ去ってしまいます。

その可愛い姿をたくさん見られるのは本当に貴重な時間です。

 

時間的な余裕が作りやすい

家事・育児は会社員のように固定されたスケジュールはありません。

何時に起きて、どのような配分で家事育児を進めていくかなど、

基本的には自分で決めることができます。

そのため、時間的な余裕が作りやすく、

したいことがしやすい環境ではあると思います。

 

社会的なストレスからの解放

社会で働くということは、それなりにストレスがかかるものです。

上司や部下との対人関係や仕事の悩みから解放されていることも

専業主婦のメリットですよね。

 

専業主婦のデメリット

働いていない・お金を稼いでいないことに引け目を感じる

人間、生きているだけでお金がかかります。

生きていくためのすべてのお金を夫に依存していることに対して、

普段は意識していなくても、何かのきっかけで引け目を感じることはよくあります。

特に、現在は専業主婦より兼業主婦の方が多い時代。

「〜さんの妻は〇〇の仕事をしてて・・・」なんて話が出ると

私なんかは働いていないことに対しての引け目を感じてしまいます。

「誰のお陰で飯を食っていると思ってるのか!」

そんなこと言われたら何も反論できないですしね(^^;)

中には、そんな引け目を感じない女性もいるようですが、

私は感じてしまうタイプのようです。

 

家事・育児を手伝ってもらいにくい

これも「働いていないことに対する引け目」かもしれませんが、

専業主婦の場合、お金を稼ぐことは夫の仕事、

家事育児は妻の仕事といった役割分担の意識が働きます。

しかし、子どもが小さい間は、専業主婦であっても

自分の時間を確保することはなかなか難しいです。

たまには家事育児を休んで自分の時間も欲しい。

そう思っても、

「専業主婦なんだから、家事育児くらいは一人でしなきゃ」

と思って夫にうまく頼めなかったり、

頼んだところで夫から役割分担の話を出されると反論しにくくなります。

 

自由なお金を捻出しにくい・お小遣いが少ない

自分の稼ぎがない分、自分の服や美容にお金をかけにくくなります。

家計から抽出することも可能ですが、

やはり自分で稼いできたお金を使うよりは自由度が低くなります。

 

将来への不安を感じる

専業主婦でも正社員の夫さえいれば老後も保証されている。

なんていう時代は終わりを迎えようとしています。

また、夫の死や離婚など、想定外のことが起こった時のリスクはとても高いです。

配偶者控除の撤廃や女性の社会進出の重要性が叫ばれている現在、

仕事を持たず専業主婦でいることに対して不安を感じることが多い今日この頃。

 

ぶっちゃけ専業主婦って幸せなの?

結婚当時、頭がお花畑だった私は、

「結婚したら絶対専業主婦、兼業主婦なんて忙しくて大変じゃん。」

なんて思って、結婚を機に仕事を手放しました。

家事して、育児して、仕事まで。

そんな大変な思いをしたくない。

毎日バタバタ過ごすより、余裕を持ってゆったり過ごしたい。

そんな風に考え、専業主婦を選択し、はや7年目です。

 

子なし専業主婦時代

子どもがいない時代は、お料理や部屋の掃除にゆっくり時間をかけ、

空いた時間はテレビを見たり、読書をしたり、お買い物に行ったり。

とっても余裕のある生活をさせてもらいました。

そんな生活つまらない!暇じゃないの!?

なんて言う友達もいますが、私にとってはとても穏やかで幸せな時間でした。

 

子あり専業主婦時代

子どもができてからも、

子どもとゆっくり向き合う時間があることは本当に幸せです。

0歳や1歳で保育園に預けて働きに行くママ友も多い中、

こんなにも可愛くて、

毎日たくさんの成長を見せてくれるこの時期の子どもと離れ離れになるなんて

本当にもったいないと思ってしまいます。

確かに夫に対して引け目を感じてしまうこともあるし、

家事・育児に関して夫に頼みにくいといったこともありますが、

それを差し引いても専業主婦で幸せだなあと思う気持ちの方が私は大きいです。

 

専業主婦でも兼業主婦でも悩みはある。幸せな人生にするためには?

専業主婦は幸せの象徴だ。仕事をしなくても暮らしていけるなんて夢みたい。

なんて専業主婦に夢を抱くのは少し危険だと思います。

専業主婦であってもやはり悩みはあります。

将来に対する不安もある。

専業主婦にも兼業主婦にも違ったメリット・デメリットがあって、

それを踏まえた上でどちらを選択するかはその女性次第。

自分にとって何が大切か、どこだったら妥協できるかを考えて、

その都度自分にとってのベストを決断していくしかないのかなと思います。

子育てをしていれば、子どもが成長するにつれ環境も変わるし、考え方も変わる。

不確定要素が多い女性の人生だからこそ、

定期的に人生を見直してその都度修正していくことが

幸せな人生をつくっていく秘訣かな。なんて思います。