ka7a-mama diary

転勤族・二児ママ・専業主婦・元小学校教諭のいろいろ 〜人生は楽しむためにある〜

結婚7年目にして起きた大事件。結婚について改めて考えてみた。

お題「結婚」

私が結婚した経緯・結婚を決意したときの気持ち

私は結婚7年目。

大学生の時に出会って、社会人になって1年後に結婚した。

出会った時は「男なんて結局口だけ。そんなのに頼らなくてもいいように」と思って

教員採用試験の勉強を頑張ってた時期。笑

それなのに1年で辞めて結婚するなんて、本当に人生何が起こるかわからない。

私が地元の教員採用試験を突破し、正規の小学校教諭だったこともあって、

1年で仕事を辞めて結婚することに対して

周りからは一生分の「もったいない」を言われた気がする。笑

結婚してからもたくさんの友達に

「結婚することにためらいはなかったの?」なんて聞かれる。

それに対しては、胸を張って「ためらいはなかった」と答えられるし、

マリッジブルーなんかも一切なかった。

 

 結婚してみて今思うこと

確かに冷静に考えてみると、

せっかく安定したお仕事につけて、毎月安定したお給料をいただけて、

実家から通えて、もちろん家事は母親にしてもらって。

そんな優遇された生活をあっさり捨てて、

お給料も「結婚式のために」なんて言って一切贅沢もせず貯金して、

ちょっと勿体無かったなあ〜なんて今になってちょっとだけ思う。笑

でも、後悔はないし、あの時点で結婚を決意して正解だったと心から思える。

そうやって思える相手に21歳で出会えたことも奇跡だよなぁなんて思う。

 

結婚7年目にして起きた事件とは?夫に言われた衝撃の一言

 

そんなこんなで結婚して7年目。

本当にあっという間だった。

今では子供にも恵まれて、夏には二児のママになる。

 

でも、そんな矢先に夫に言われたこと。

 

 

「離婚した方がお互いにとって良くない?」

 

 

 

・・・はい!?!?!?

 

 

 

夫は突拍子も無いことを急に言いだす人ってのは知っていたけど、笑

これには本当に驚かされたし、全然受け入れられなかった。

 

夫の意見としては、

「結婚」=形式上の縛り、不自由、自然じゃない、

結婚してるから一緒にいるの?好きだから一緒にいるんじゃないの?

それだったら結婚っていう制度に縛られなくても良くない?

 

最初にそれを言われた時、

「私の存在が離婚したいって思うほど邪魔だったんだ」

「私がいることが夫にとって不自由だったんだ」

「こうやってうまく離婚して別の女のところに行こうとしてるのか!?」

とかって本気で考えた笑

 

夫の意見を聞いているうちに結婚が何か分からなくなってきた

 でも、夫の意見を聞いてるうちに、

「確かにな〜」なんて思っちゃう部分もあって。笑

 

結婚について分からなくなって考え抜いたその先には・・・ 

今、私の中で

「結婚」=「国が決めたただの制度」

     「裏切ったら罰則(慰謝料とか)がありますよっていう契約」

ってなりつつある。

 

私が結婚した時は

「結婚」=「一生を共にする人を決めること」

     「家族になること」

     「幸せ」なんて思ってたけど、

それって「結婚」って制度を使わなくてもできることなんじゃないの?

 

だって結婚しなくても、

この人とずっと一緒に生きていくことはできるし、

家族として一緒に生活することはできるし、

幸せになることだってできるよね。

 

逆に結婚してても、

外では浮気しまくりとか、

家庭内別居して一緒に家族として住んでいるけどお互い関わり合わないとか、

不幸せってところもたくさんある。

なんてことを本気で考えだしてる。

 

最後に。あなたにとって結婚とは何ですか? 

そんな結婚に対する考え方をするようになった自分に驚いたり、

洗脳されてるんじゃないかって心配になったり笑

 

これについては男性女性問わず、

いろんな意見が聞いてみたいなあ〜

あなたにとって結婚とは何ですか??