ka7a-Log

個別学習塾・元小学校教諭・発達障害教育・二児ママの記録帳 〜人生は楽しんだもん勝ちだ〜

子どもの発達障害の検査はどこで?費用は?時間は?

f:id:ka7a-mama:20170615105340j:plain

 

「もしかしたら発達障害・・・?」

 

子どもの発達が気になり、もっと詳しく知りたい場合、子どもの発達を数値化してくれる心理検査があります。

心理検査ではIQなどが結果として出てくるので、結果の数値を見て落胆したり、逆に結果が良くて安心したりする方もいますが、心理検査の結果で見るべきはその数値ではありません。

今回はそんな心理検査、発達検査について詳しくまとめていきますね。

 

 

発達障害の心理検査をする意義

心理検査や発達検査は、子どもの頭の良さ、頭の悪さを知るためにするのではありません。結果が良かったから安心、悪かったから残念・・・と言う受け止め方はしないでおきましょう。

 

発達障害の心理検査をする意義は、

子どもの特性を知り、教え方のコツや育て方のヒントを発見する手がかりにする

ことが大切です。

 

子どもの今の状況が、同年代の子どもと比べて遅れていないか、どんなことが苦手でどんなことが得意なのか、日々の困り感の原因はどこにあるのか、保護者として教師としてどんなことに気をつけて支援したらいいのか、このような情報が「心理検査」から得ることができます。

 

子どもの実態を掴み、今後の教育や支援に生かしていくために検査は行われているのです。

 

www.ka7a.net

 

 

心理検査はどこで受けられる?


心理検査は、福祉、教育、医療機関で受けることができます。

具体的には、公立の療育センター、教育センター、発達支援センター、児童相談所、発達に関する診察を受け入れているクリニックや総合病院の発達外来、児童精神科などで相談することができます。

また、発達の遅れや偏りを持つ子どもの相談や療育を行っているNPOや民間の両幾相談機関でも受けられるところがあります。

 

心理検査の費用は?


心理検査の費用は、公的相談機関では基本的に無料で受けることができます。ただし、希望者が多いため、予約が何ヶ月も先になってしまうこともあるようです。

医療機関では、保険適用か保険外かによって大きく異なります。民間機関では基本的に有料のところが多く、1万5千円〜2万円が目安になっています。機関によってできる検査内容や待ち時間、面談の時間なども異なるため、予約の際に聞いておくとよいでしょう。

 

心理検査にかかる時間は?


実施期間は検査の種類や子どもの年齢によって違いますが、おおむね1時間前後が目安です。

個人差はもちろんありますが、それ以上長時間になると、疲れてしまい、実力が発揮できない可能性も出てきます。


心理検査の種類は?


幼児期は新版K式発達検査、学童期はWISC検査が一般的な検査とされています。しかし、他にも様々な心理検査があります。

 

幼児期

  • 新版K式発達検査2001
  • 田中ビネー知能検査V


学童期以降

  • 田中ビネー知能検査V
  • WISC-Ⅲ・Ⅳ
  • KABC-Ⅲ
  • DN-CAS認知評価システム


その他の発達の状態に関する検査

  • ことばの発達に関しての検査 ITPA言語学習能力診断検査・絵画語い発達検査(PVT-R)
  • 人物画を描いてもらうことで発達のようすを見る検査 グッドイナフ人物画知能検査(DAM)
  • 目からの情報をまとめる力を測る検査 フロスティッグ視知覚発達検査
  • 特性の障害が疑われる場合の検査 広汎性発達障害評定尺度(PARS)・小児自閉症評定尺度(CARS)
  • 社会生活能力の様子をしるための検査 旭出式社会適応スキル検査(ASA)


心理検査の再検査について


心理検査は、一度受けたら終わりというものではありません。子どもは様々な経験を積み重ね成長発達し、加齢による色々な変化があります。

間隔をあけて検査を受け直すことで、正しく子どもの姿を把握することができます。

 

受け直す期間は少なくとも1年間、できれば2年間ほどあけて再検査することが推奨されています。あまり検査の間隔が短いと、子どもが内容を覚えている「学習効果」と言われ、本来の数値より高く出てしまう可能性があるからです。

 

逆に、3年以上前の検査結果を現在の教育や支援に活かそうと思っても、参考にはなるものの、現在の実態を捉えるにはあまり適切ではないと考えられます。


今回は、発達障害の心理検査、発達検査についてまとめました。

  

www.ka7a.net

  

www.ka7a.net